説話(施餓鬼の心)

お釈迦様の弟子である 阿難尊者が修行している時、恐ろしい餓鬼が現れ、お前は三日後に死んで、私のように醜い餓鬼に生まれ変わるだろうと言いました。驚いた阿難がお釈迦様に相談したところ、観世音菩薩の秘呪がある。一器の食物を供え、仏・法・僧の三宝を供養すれば、その食べ物は無量の食物となり一切の餓鬼は充分に空腹を満たされ、施主は無量無数の苦難から救われ寿命が延長し、その功徳により仏道を悟ることができると言われました。阿難が早速その通りにすると、阿難の生命は救われたのです。」

この話が一般的に施餓鬼供養の起源とされていますが、しかし修行中の阿難の前にいきなり餓鬼が現れたのか、

「これは、他の人々のことは考えず、自分の幸せだけを求めて修行していたのを見たお釈迦さまが、阿難を正しい道に導くために神通力で鬼を出現させたのです。しかもその鬼とは阿難自身だったのです」。

人の心には、煩悩と言う鬼が住んでいます。

金品や地位に執着し、妬み、嫉妬するような生き方を戒めるのが施餓鬼の本質です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ