顧客(利用者)の役に立つ

「役に立ったか(立っているか)否か」を判断するのは誰か?

“それは利用者です”

供給者側がそれを判断するのではありません。

勝手に「役に立っているはずだ、喜んでいただいているはずだ」と勝手判断しないことです。

「役に立っているか否か」は利用者(エンドユーザー)に聞かなければわかりません。他と比較して云々ということを言う人が居ますが、あくまで自社(自組織)のものが、どうであるか、又はどうであったかです。

では、どのように利用者は判断するのだろうかを考えてみると、価格面、納期、性能、機能、品質、サービス(態度や姿勢も含む)等々広範囲で、時には感覚、イメージ、風評なども含まれると考えたほうがいいでしょう。

いずれも独自、勝手判断するものではないことを肝に命じるべきでしょう。

掛け声だけのCS(顧客満足)は何の意味もありません。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ