誰かがやってくれるだろう

誰かがやってくれるだろうという人が多い組織(プロジェクト)は、いいアイデアも出てきません。自分がやるつもりで取り組むことです。全員が提起者であり、全員がレビュアーであり実行者という意識が必要です。必ず前向きなアイデアや結論が出ます。そして

・よく確認して

・公正に分担を決め

・スケジュール化し

・情宣し(グループ、チーム内関係者全員に漏れなく)

・仕事を進める。

ここで重要なことは、言い出しっぺが大変になる(負荷が掛かる)チーム環境にしないことです。

状態と内容を適切に判断し割り当てるのです。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ