風通しのよい文化

自分の担当範囲だけでなく、気づき事項、気になった関心事、などなど、どんどん提起(提案)しましょう。

これを繰り返し実行することにより、組織(プロジェクト)内の風通しもよくなり早い対応が可能になります。

但し、提起の仕方についても、“言いました”、“伝えてあります”のみでは無責任です。

事実を整理して極力ビジュアル化です。

音波(言葉)のみではうまく伝わらないことが多々あります。

①現状の問題点(事実であること)を具体的に

②原因は何か(どこにあるか)

③あるべき(期待する)姿は何か

④対策案(暫定対策、本対策に分ける)

⑤上記各々についての根拠や材料は極力明示する

などのように整理します。

単に不平不満のみを羅列したものではなく、見える化、みせる化状態にすることです。

又、他(顧客や他部門以外)からの指摘についても、上記と同様に整理して対策の土俵に乗せます。

風通しの良い組織文化を創ることで早い情報が得られ、早い対応が可能です。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ