役割における利益代表

顧客先との打ち合わせや社内での会議など出席のとき、出席者は企業又はグループの利益代表という認識で臨む心構えが必要です。 

・参加するだけでは意味はない。(結果が知りたければ議事録を見ればわかる)

・NOといわなければ、YESと言ってなくても合議(合意)したことになるのがビジネスの世界と考えるべき

・社内展開できていないなど、度重なると顧客からは当然、社内での信用も低下する

・場面が社内の場合においては、出席者は部門代表である自覚を持つ。単に個人的なことのみでなく、部門としての意見、発言をすべきである

・発言を求められても何も答えられない人を出席させるようでは、上司の見識が疑われる

後々、痛い目にあわないようにしましょう!!

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ