皆が、“だんまり”を決め込む組織

誰かがやってくれるだろうという考えは捨てましょう。

役割、分担の不明確なことが発生した場合には、お互いが納得の上きちんと決めて先に進めるべきです。

“上長、上司が決めることだから”、“誰かが何とか考えているだろう、やってくれるだろう”、なんていうような感覚や意識にさせる組織は進歩がありません。

打ち合わせなどを行っていて、“上が、上が”を連発する人に遭遇しませんか。

そんな組織(会社など)を相手にしていては、いずれ放り投げられるだろうという不安感を持ったりします。

“おや?”とか“何か変だぞ”と感じた場合にはどんどん提起、提案します。

“出る杭は打たれるから”、“自分のところに跳ね返ってくるのが怖いから”「静かにしていよう」というような人にはならないことです。

そう思った瞬間から成長は止まります。当然組織の信頼性は低下を辿ることになります。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ