“仕事を任せる”とはどういうことか

“なんでもかんでも自分で行わないと”と思っていては部下の成長もなく組織の活性化にもなりません。

仕事を任せるということは、「責任と権限」 を与えることです。

うまく任せることは、仕事全体の能率を高め、効率向上につながります。時にはリスクを伴うこともありますが、リスクも仕事の一部です。

(1)上手な仕事の任せ方

  ①業務目的をはっきりさせる

  ②仕事の目標を明確にする

  ③仕事の範囲と権限をはっきりと指示する

  ④能力に応じた任せ方をする

  ⑤指示は極力書き物で(指示を受けた人はメモを取ること)

(2)任せたままにしない。ただし

  ①適切なフォローアップをおこなう

  ②単独暴走しないように注視する

  ③途中で過剰(不要)な口出しはしない(“がまん”も必要)

  ④適切な成果の評価を行なう

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ