会議では発言する

会議に出席しても何も言わない人がいます。

何のために出席しているのかわからない。

会社やプロジェクトや、グループの代表で出席しているはずです。

何も発言しないなら出席する意味がない。

結果を知りたいなら議事録を読めばわかります。

単に出席するのではなく、今日の会議では○○を確認しようとか△△は主張しようとかという気概をもって望むべきでそれなりの下準備もすべきです。

そもそもそんな人を出席させる側にも問題があります。若い人を教育するために出席させるのであっても責任者が居ないのはおかしいと思いませんか。

ましてや顧客との会議に責任ある人が出席しないのはとんでもないことです。

仮に何か質問があっても答えられようでは、企業(組織)の対応姿勢を疑われても仕方がありません。

何かまずいことが起こって信用を失うことにならないよう気をつけましょう。

会議への出席者は各々における利益代表者であり説明責任者であるという心構えが必要です。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ