こういう場合には!(香典)

香典は、知人に預けることも可能です。

香典を預かった人は、受付で自分の住所と名前を記帳して自分の香典を渡した後、「○○様から預かってまいりました」と伝え、預かった人の住所と名前を記帳して香典を渡します。

記帳するときは「代理」と添えておくと、あとで喪主側が迷わずにすみます。

会葬礼状は預かった人の分ももらいます。後で本人に渡します(代理は果たしましたという証です)。

香典は、通夜、告別式のいずれに持参してもかまいません。通夜と告別式の両方に参列する場合は、最初の弔問のとき、つまり通夜に持参します。

二度目の弔問(告別式)に香典は不要です。受付では「お通夜にうかがわせていただきました」と一言伝えて記帳だけします。

何人かまとまって香典を出すときは連名になりますが、表に書くのは3名までで、それ以上の人数になるときは、上書きは「○○会一同」や「○○部有志」などとし、全員の氏名を書いた紙を金包みの中に入れます。

連名の書き方順序は、向かって右が目上で左に向けて目下になります。

「IT坊主」の説話集より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59605005

この記事へのトラックバック一覧です: こういう場合には!(香典):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ