こういう場合には!(不祝儀袋)

不祝儀袋にはいろいろな種類があります。無難なのは「御霊前」です。

「御霊前」は宗教を選びません。

表書きは薄墨を使用します。外袋をたたむときには注意です。

まず左側から折り曲げ、次に右側、3番目に下側、最後に上側を重ねます(上下の重なりが祝儀の時とは反対になります)。

仕事上の関係とか家族にはわかりにくい友人関係などの場合には、氏名、素性を明瞭にするものとして“名刺をはることもよし”とされています。間柄がはっきりしますので、ご家族の後の対応がしやすくなります。

「IT坊主」の説話集より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59615747

この記事へのトラックバック一覧です: こういう場合には!(不祝儀袋):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ