「為書(ためがき)」

写経(しゃきょう)などで経文(きょうもん)を書き終えたら、経文の隣に行を変えてその目的や主旨などを書きます。これを為書あるいは願文(がんぶん)などともいいます。

普通「為 ○○○○」のように、目的を記します。

次に行を変えて、書いた人の氏名や日付を書きます。

しかし、この為書は格別な目的がない場合(気持ちを整理するためや日課の一つとして書くなど様々あります)は書かなくても構いません。

祈願を念じながら書いたものは書いたことにより「願うという目的」は成就(じょうじゅ)したことになります。

一枚ずつ焼却しても構いません。しかし、他のゴミと一緒に捨てることはやめましょう。(書き損じ分も含めて)

とはいっても、環境の問題もあり自宅での償却は出来ませんね。寺院などで定期的に行われている「お焚き上げ供養」に依頼するのがいいでしょう。

「IT坊主」の説話集より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59634432

この記事へのトラックバック一覧です: 「為書(ためがき)」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ