仕事や作業の合意は書面で

打ち合わせた結果の確認は必ず文書でやり取りします。

できる限り相手の確認サイン(印)を得ることを習慣づけます(仮に確認サインなどが入手できなくても記録はきちんと残します)。

特に顧客との約束事項の記録は重要です。

記録も何も無く現場の担当者レベルで口頭約束だけで作業を行なうことは厳禁です。

及び、リーダーは、営業部門や他部門が関与すべき事項かどうかの判断を慎重に行ない、その旨についても記録に明示することも心がけます。

口頭だけの合意は、後々、“滑った転んだ”の世界に入った場合、業者側の勝算は低いと思い、面倒と思わず書面化することが賢明です。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ