プロジェクトにおけるリーダーの資質(どろなわ的発想からの脱却)

リーダーは、「仕事を取り纏める能力を有し、その分野でプロ意識を持って判断・行動ができる人」であることが前提です。リーダーに期待される資質にどろなわ(問題が発生してから考える)的発想からの脱却があります。

仕事の進行状況は、定期的に監視すべきであり、その時々の状況に応じて常に先のリスクを考えるべきです。全てにおいて発生してから考えるのでは後手後手になります。つまりノーコントールと同じで、次のようなことを常に意識してウオッチ及び整理に心がけるべきでしょう。

・ 何かまずいことが起きていないか?

・ 何か困ったことはないか?

・ 何か問題点になっていることはないか?

・ 何か決めなければならないことはないか?

・ 何か日を決めて達成しなければならないことがあるか?

・ 環境変化によってまずいことが起きていないか?

・ 環境変化を利用して改善又は改革できることはないか?

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59722775

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクトにおけるリーダーの資質(どろなわ的発想からの脱却):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ