ビジネスマナー(おじぎをするときは)

①息を吸いながら上体を前傾させます。基本は、首筋をまっすぐ伸ばし、上体全体を前に傾けます。自然と目線は下方に向きます。相手の顔をみたままおじぎをしようとすると、顔だけ前に向いてしまい、上目遣いになるのでいい印象を与えません。

②前傾動作を止めたときに息を吐きます。ここで少し間を取ります。間の時間(秒単位)は「会釈」「普通礼」「最敬礼」とその状況により判断です。

③息を吸いながら姿勢を戻します。自然に戻すことがポイントです。

こうすることにより、背筋が自然に伸びて、頭の動きがきれいな弧を描き、美しく誠実なおじぎをすることが出来ます。

男性の場合は両手を脇につけて、女性の場合は両手を体の前に揃えておじぎをするときれいです。おじぎは1回だけ、何度もペコペコ頭を下げるものではありません。

おじぎの態度もおもてなしの一つです。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59750968

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー(おじぎをするときは):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ