ビジネスマナー(スクリーンセーバー)

パソコンのスクリーンセーバーは必ず設定します。離席時に重要な情報が覗かれる(ショルダーハッキングなど)可能性があります。会社所定のルールで設定します。

私的な用件でインターネットに接続したり、メールの使用をしたり、ゲームに興じるのは当然禁止です。

作成した資料(提案書、計画書、報告書、見積書など)は所定のルールに従って共有化が原則でしょう。

業務上の資料は、個人のものではありません。及び、データは定期的に整理して、どこに何があるか、利用しやすい状態にしておくことが必要です。

どんどんデータが増えて、利用するときの検索に無駄な時間をかけないようにします。

こまめに整理することが基本です。業務や作業の効率化にも繋がります。

情報管理(機密、秘密、個人情報など)やセキュリティ管理はルールを決めてきちんと行ないましょう。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59811857

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー(スクリーンセーバー):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ