ビジネスマナー(報告のタイミング)

報告をするときは、相手の様子をみて都合を確認して行ないます。件名を伝え、確認です。

相手の都合も考えずに一方的なのは非常識です。報告を受ける側も真剣に聞いてくれるかどうか怪しいものです。ただし、緊急の場合は、その旨伝えてから報告します。

報告は、まず結論の要約から行ないます。時間の短縮になります。だらだら報告は禁止です。

事実を伝えるのが基本です。事実を報告した後、「私の考えなのですが・・・・」と付け加えるのもいいでしょう。自分なりの意見を持って報告することは重要です。

いつも、ご指示を、ご指示をでは情けないとは思いませんか。ただし、独断、暴走では、きちんと受け入れてもらえないことにもなりますので、事前に関係者との合意も忘れずに行なうことです。特に、クレームやトラブルに関する内容についての独断、暴走は事故の誘発や時には事件に発展する場合もありますので慎重な対応が必要です。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59828896

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー(報告のタイミング):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ