がんばって(頑張って)

「頑張りなさいよ」、「もう少し頑張って」などという、通常何気なく使うこの言葉、聞き手によっては突き放された感じになったり、まだダメかと悩んだり、苦痛になったりするということご存知ですか。

私は、「やってるつもりなのに」、「頑張っているのに」、“なぜいわれるのでしょうね”。こういったご相談が時々あります。何か否定されている感覚になるようです。

大人からの相談ですから、まだ何らかの意思表示がありますが、相手が子供の場合は恐らく状況は違うでしょう。

意思表示や表現が思うように出来ず、内向きになったり、何も言わなくなったりしては大変です。

家族の一人が「介護福祉士」をやっています。“がんばって”は禁句、同一目線での会話や対応、特に「心での会話」を心がけるが基本とのことです。

IT坊主のひとりごと 合掌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59850005

この記事へのトラックバック一覧です: がんばって(頑張って):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ