葬儀作法:湯灌(ゆかん)・納棺(のうかん)

納棺前に、湯水で身体を拭く(清める)ことを湯灌(ゆかん)といいます。

最近では、ガーゼや脱脂綿に浸したアルコールで清める方法がとられています。

このあと、汚れものが出ないように、口、耳、鼻、肛門などに脱脂綿をつめます。目はまぶたを撫でるように閉じ、口が開いていれば顎を持ち上げて閉じます。男姓はひげを剃り、女姓は薄化粧をします。本来こういった所作は近親者で行っていましたが、最近では外部の人に委ねることが多くなっています。

湯灌後、納棺(のうかん)します。このとき、故人が生前愛用していた思い出の品々なども棺に納めます。但し、燃えないものは入れられません。棺のふたは置くだけにします。釘打ち(最近では形式のみが多い)は出棺のときに行います。

IT坊主のひとりごと 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ