葬儀作法:安骨(あんこつ)

収骨(しゅうこつ)を終えて自宅の祭壇にお骨を安置することをいいます。

遺骨を後飾り祭壇に安置をして法要を行ないます。

地域や宗派によっては、「還骨回向」、「還骨勤行」、「安位諷経」、「安骨諷経」などと呼びます。

最近では、あわせて初七日の法要を繰り上げて行なうのが多くなっています。参列者は、親族を中心に近親者で行います。

もともとは、「遺骨を自宅に還し安置」ということですが、最近では、斎場やホテルなどで営むこともあります。

IT坊主のひとりごと 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ