「守り本尊」

生まれ年の干支(えと)ごとに守り本尊があります。守護仏になります。
子(千手観世音菩薩:せんじゅかんのんぼさつ)・・千本の手とその手のひら一つ一つに千個の眼を持ち、様子をつぶさに観察して、苦難から救ってくれます。

丑、寅(虚空蔵菩薩:こくぞうぼさつ)・・虚空(どこまでも広がる空間)のように、広大無辺の慈悲で優しく包み込んでくれます。

卯(文殊菩薩:もんじゅぼさつ)・・吉兆を意味し普遍の智恵をつかさどり、研ぎ澄まされた智慧で救ってくれます。

辰、巳(普賢菩薩:ふげんぼさつ)・・修行(学習)を得意とする菩薩で、正しい道に教え導いてくれます。

午(勢至菩薩:せいしぼさつ)・・知恵の光をもって照らし、諸々の苦難から救ってくれます。

未、申(大日如来:だいにちにょらい)・・知恵と慈悲を持ち太陽の光の如く輝いて照らし、平和と繁栄を与えてくれます。

酉(不動明王:ふどうみょうおう)・・右手の剣によって一切の障害と煩悩を打ち砕き、左手の索によって平安を守ってくれます。

戌、亥(阿弥陀如来:あみだにょらい)・・無量の大慈悲心をもって苦悩と不安から解き、やすらぎをもたらしてくれます。

IT坊主のひとりごと 合掌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59906460

この記事へのトラックバック一覧です: 「守り本尊」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ