これくらいは知っておきたいビジネスマナー(約束時刻)

約束時刻に遅れていけないのは、いうまでもありません。約束の時刻の5分~10分位前には到着が目処です。

早ければいいというものではありません。

雨の日ならば、傘のしずくをざっと落として傘がばらつかないようにまとめます。夏の暑い盛りには、汗にも気をつけます。汗まみれの訪問は相手に不快感を与えます。冬ならマフラーやコートは入り口で脱いで、片手に持ちます。

少し呼吸を整えて汗をふき取っておくようにします。携帯電話の電源を切るかマナーモードにしておくのも忘れずに。

万が一、遅れそうなときには必ず先方に連絡します。連絡するより先を急ぎたくなる気持ちになりますが、何も連絡せずに遅れるのは論外で、遅れる理由とどのくらい遅れるのかを手短に連絡です。

これは、通常の社会生活においても同様です。

約束時刻を平気で破る常習の人、周りには居ませんか。「親しき仲にも礼儀あり」です。お互い気をつけましょう。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59981712

この記事へのトラックバック一覧です: これくらいは知っておきたいビジネスマナー(約束時刻):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ