これくらいは知っておきたいビジネスマナー(応接室などに案内されたら)

応接室などに案内されたら、下座側に立ちます。応接室の中に置いてある家具や装飾品によって下座の位置は変わってきますが、出入り口に近いほうと考えます。たとえ下座でも勝手に座るのは失礼です。勧められてから着席しますが、勧められなかったらそのまま下座側で立って待ちます。

日本の社会ではことのほか“席次”がうるさく、誰でも一度や二度は経験があると思いますが、会合などでも場違いな席に座ってしまうと、なんとなくバツが悪く最後まで落ちづかずに気まずい思いをします。

大体常識でわかりますが、入り口から遠い、奥のほうが上座、入り口に近いほど下座です。

マントルピースがある部屋なら、そのマントルピース側が上座です。また、額だとか、いろんな装飾品があるほうが上座です。この辺は大体わかりますが、では、奥のほうにテーブルをはさんで一人用の肘掛け椅子と長いソファーが向かい合って配置してある場合はどうでしょう?

肘掛け椅子が個人用だから上座だろう?(×)――→ゆったり座れる長いソファーのほうが上座です。(○)

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/59992217

この記事へのトラックバック一覧です: これくらいは知っておきたいビジネスマナー(応接室などに案内されたら):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ