これくらいは知っておきたいビジネスマナー(名刺)

自分の名刺は向きをそろえて収納しておきます。名刺は、胸の高さに持ち、はっきりと自分の会社名と部署名、名前を告げ「よろしくお願いします」、「お世話になります」などと挨拶を添えて渡します。

相手が複数の場合には、一枚だけでなく全員に渡します。両手で渡すのがマナーですが、名刺入れから出してすぐに渡す場合など、もう一方の手がふさがっている場合は、片手でもかまいません。

ただし、受け取るときは必ず両手で受け取ります。名刺を出すときは、訪問者から先に、上司と一緒に訪問したときは、上司の名刺交換が終わってから行ないます。

先方からいただいた名刺はすぐにしまわず、確かめることが大切です。読めない文字があったら「失礼ですが、なんとお読みするのですか」などと訪ねても失礼にあたりません。むしろ、勝手な読み方をするほうが失礼です。

又、相手がいる前でポケットや鞄などに入れるのは失礼です。会談や商談の際に複数の名刺をいただいたときは、テーブルの上に名刺を並べておいても失礼にはあたりません(席順などに並べておくといいでしょう)。

帰るときに名刺入れにしまいます。受け取ったまま確認もせずに名刺入れに入れることや、会談中に名刺を手でもてあそばないようにします。また、その場で名刺に書き込みなどは禁止です。

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60001994

この記事へのトラックバック一覧です: これくらいは知っておきたいビジネスマナー(名刺):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ