業務改善(その業務「やめられないか」)

企業(組織)は、中長期計画に基づき、毎年度予算編成を行い、決算時点で、計画に対して実績(途中経過含む)はどうなっているか、今後の見通しはどうなるかなどといった観点での見直し(PDCAのサイクルの実施)を行っています。

やりっぱなしでは企業にとって死活問題になるからです。

「見直し改善」は非常に重要なアクションです。“その業務「やめられないか」”例えば次のような観点での見直しがあります。

・投資に対する効果(費用対効果)は計画通りか:途中での取りやめも決断の一つ

・重複・類似作業(業務)がある:廃止、統合も選択肢

・本当にその事業(業務)の成果は活用されているか

・必要な業務とあったほうがいい業務が混在していないか

・部門があるから行なっている仕事はないか

・人が居るから行っている業務はないか

・システム化以前とシステム化後の人員(要員)構成が同じではないか

・予算化されているからといって行っている業務ではないか

・管理部門がオーバーヘッドになっていないか

著書:「プロジェクト運営のための知識の部品箱」より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ