お盆(お盆の始まり)

お盆は仏教で使われる言葉の盂蘭盆会(うらぼんえ)からきています。

お盆の始まりについては、次のような仏教説話があります。

「お釈迦様の弟子目連が、地獄(餓鬼道)に落ち逆さ吊りにされ苦しんでいる母を救うため、お釈迦様の教えに従い7月15日(旧暦)、僧侶や貧しい人たちに、物や食物を施すことでその功徳(くどく)により母を苦しみから救うことができた」ということです。

この供養を行うことにより、現世の父母は長生きし、祖先も救われる。ここから始まったといわれています。

このことから、毎年7月15日にご先祖を家に呼んで、供養する風習が「お盆」とよばれています。

お盆行事は、7月13日~16日又は8月13日~16日に主に行われます。

eお坊さんねっと 近代説話集より 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ