「向こう三軒、両隣」

昔は近所付き合いの基本とされていました。

自宅玄関からから見て、正面の家とその両隣及び自宅の両隣の計5軒を言います。引越しなどの挨拶、冠婚葬祭のお付き合いの対象になります。

地域文化によっては結婚式へのご招待、長男が結婚した場合などには嫁、姑揃ってお披露目の挨拶にも行きます。ちょっと家を空けるときには一声かけておきます。安心、安全、用心(防犯)になるのです。今風に言えばセキュリーティー対策に役立つことになります。

マンションなどでは、「向こう三軒」は無くても「両隣」と管理人さんとのお付き合いは重要です。

最近多い(というより、以前からあったのが見逃されていて、このところ事件にもなっている)単身世帯、お年寄りの孤独世帯問題が少しでも解決できるかも知れません。

単に自治体地域の問題としてのみ片付けるのでなく、個々人の意識の問題も大きいのでは?

昔からの文化、風習、いいところは続けたいものです。

eお坊さんねっと 近代説話集より 合掌

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60273692

この記事へのトラックバック一覧です: 「向こう三軒、両隣」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ