彼岸(ひがん)供養

先祖供養には、彼岸供養(彼岸会)、お盆供養、年回供養などがあります。

彼岸会(ひがんえ)は、春分、秋分の前後一週間に行う日本独特の法要で、806年(聖徳太子の時代)から始まったといわれています。

仏壇、お墓をきれいにしてご先祖のご供養を行う仏教的な行事です。

まず、自宅の仏壇、そしてお墓参りに行きます。

秋分の日(春分の日)を中日として、彼岸入り~彼岸明けの7日間がお彼岸です。

彼岸に対して此岸(しがん)という言葉があります。此岸はこの世(此の岸)で、彼岸は彼方(かなた)の岸のことです。

お墓参りは中日に限らず彼岸中でいいでしょう。花や線香を供え供養します。

eお坊さんねっと 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ