供養:仏壇を安置する場所

仏壇を安置する場所についてはさまざまな説や伝えがあります。

代表的なものとして、

■「南面北座説(なんめんほくざせつ)」:

・仏壇の正面が南に向き、背を北向きに安置

■「本山中心説」(ほんざんちゅうしんせつ):

・仏壇の前で手を合わせた時、その延長線上に所属宗派の本山があるように安置

■「西方浄土説(さいほうじょうどせつ)」:

・仏壇の正面を東向きに安置。(その前で手を合わせた時、西方浄土を礼拝できる)です。

尚、住宅事情もありますのであまりこだわらなくていいでしょうが、良くないといわれている、

・「神棚と向かい合わせにしない」

・「低すぎる位置、高すぎる位置は避ける」

・「静かで落ち着いた場所にする」

などは注意したほうがいいでしょう。

eお坊さんねっと  合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ