供養:過去帳(かこちょう)

先祖の記録帳で、法名帳(ほうみょうちょう)とも言います。

故人の戒名(法号・法名)、俗名、死亡年月日、享年(行年)などを記録しておく帳簿です。

過去帳は永続的に残され、続柄を記しておけば、その家の系譜になります。

地域や宗派により取り扱いが異なっています。

eお坊さんねっと 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ