供養:勤行(ごんぎょう)とは

仏前で読経(どきょう)することを勤行といいます。一般的に僧侶の場合は、毎朝、起床洗面後と毎晩就寝前の一日二回勤行を行いますが、在家の場合は朝か晩どちらか一回行います。

お経は一回読むのが通常ですが、三回、七回、二十一回というふうに読む場合もあります。このほか、ご先祖の命日、供養、年忌法要、お彼岸、お盆など特別の日に行います。

お経の読み方には、漢文読みと訓読みがあります。僧侶の場合は旧来から漢文読みが主流ですが、最近では訓読みする僧侶も増えています。

在家の場合は、なじみやすい読み方でいいでしょう。

読み方が上手とかそうでないというよりお腹の底から心を込めて読むことが大切です。

eお坊さんねっと 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ