情報セキュリティ(安全なWi-Fi利用)

Wi-Fiのセキュリティ対策を行わずに利用した場合、通信内容が盗み見られたり(盗聴)、他人のID・パスワードを利用して操作を行われる(なりすまし)等の被害にあう危険性があります。

次のような事例があります。

1. 悪意で設置したアクセスポイントの利用による被害

正体不明のアクセスポイントに接続しない。

2. 暗号化がない状態での利用による盗聴被害

暗号化がされていないアクセスポイントに接続しない。

3. 悪意の第三者によるなりすまし被害

SSLを使わない状態で、大切な情報をやりとりしない。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/cmn/wi-fi/Wi-Fi_manual_for_Users.pdf)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ