合掌のしかた

合掌は仏前における基本的な所作です。

右手は悟りの世界(仏様)を、左手は迷いの世界(人間)といわれており、合掌することにより一体になるという解釈です。

両方の手のひらをぴたりと付けて両手の指が自然に合うようにします。指と指の間が広がらないようにします。親指の付け根がみぞおちあたりになるようにします。背筋を伸ばし、顎(あご)を引いた姿勢が基本姿勢です。

合掌の目的を念じて手を合わせます。

eお坊さんねっと 快栄寺   合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ