「修行」と「修業」はどう違うのか

「修行」と「修業」一般的には、混同して使われることが多いようですが、厳密には、異なります。

ラフな解釈ですが、「修は習得する、身に付ける」などで共通、「行は行い、考え方、手法など」、一方の「業は技(わざ)、技術」と捉えていいでしょう。

どちらも必要なことですが、自然と身に付くもの(こと)ではなく意識して学んで吸収し、自身のものにする必要があります。また、吸収したノウハウは、廻り(組織内)にトランスファー(教える・伝える)しましょう。トランスファーすることで、学んだ以上のものにブラッシュアップできます。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60561101

この記事へのトラックバック一覧です: 「修行」と「修業」はどう違うのか:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ