「教えることは学ぶこと」を実践した社長さん

かつてある懇親会で、「うちは教育に力を入れていで、毎年外部教育(ほぼ同じカリキュラム)に参加させている」と、豪語されていた太っ腹の?経営者の方とお会いしたことがあります。

私が「費用の問題もありますが、それでは教育の効果が出ているかどうかお分かりですか?」と尋ねたのですが、その時点では実態を把握していない様子でした。

翌年に再びお会いしたところ、「去年の件だけど、基本的なところは既に受講した者から社内での教育を行い、変化のあるテーマに絞って外部受講させる仕組みに変化させた。先に受講した者が、教える役目を持つ立場になってより自信が持てるようになったようだ」、との話を聞き、ちょっとした会話の一言で手を打たれたことに感心したのです。

フィルターのかかった情報のみでなく、経営者自らの確認も重要です。

お互いに切磋琢磨し、協力して「教えることは学ぶこと」を実践しましょう。

みんなが生徒で、みんなが先生という風土が出来ればきっと強い組織ができます。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60627640

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えることは学ぶこと」を実践した社長さん:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ