全世界で食料の3分の1が捨てられている

農林水産省(平成23年3月)の資料によると、『2010年度の食品廃棄物の発生量は、1713万トンで内1071万トンが家庭系からのもので、一人当たり134キログラムになります。

国内の米の総生産量は848万トンですから食品廃棄の量が如何に多いかがわかります。

又、国際連合食糧農業機関(FAO)の2011年国際会議の報告書によると、食料のロス・廃棄の規模は、「人の消費のために生産された食料のざっと3分の1が世界中で失われ、捨てられており、その量は1年当たり約13億トンになる。」と報告されています。「世界の食料ロスと食料廃棄(平成二十三年十月二十日発行)誠文堂より」』

食料生産について真剣に議論されている一方でこの状況です。これほどもったいないことはないでしょう。

食料が廃棄されると、その食料を生産するのに費やされた資源やエネルギーも無駄になり、発生した二酸化炭素も無駄に出されたことになります。廃棄すると廃棄コストが発生します。

リサイクルを行うにしても、政府の援助なしではリサイクルが機能することは難しく、特に問題なのが食料廃棄物の回収コストで、リサイクル率は50%以下というのが実態です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ