情報セキュリティ(インターネットバンキングの落とし穴)

インターネットバンキングは、インターネットを利用した銀行などの金融取引の便利なサービスです。

便利で利用が拡大するに伴い、危険性も増大しています。代表的な手口としては、電子メールで金融機関を名乗り、利用者のID、パスワード情報の確認や更新を要求し、情報を盗み取ろうとするものがあります。

このような手口による被害にあわないよう、金融機関を名乗ってパスワード等の入力を求める電子メールに対しては、決して情報を入力してはいけません。

このようなリクエストがあった場合には、当該金融機関の問合せ窓口で確認します。

特に、最近ではインターネットバンキングを狙ったウイルスへの感染による被害も拡大しているため、普段と異なったリクエストがあったり、異なった表示の場合には注意が必要です。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/service/12.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ