「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回のテーマは「ビジネスの根本は人間として真っ直ぐに正直であること」

「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回のテーマは「ビジネスの根本は人間として真っ直ぐに正直であること、人として生まれた事に対する尊さを言い表す言葉を幾つか紹介しながら、人間の役割やビジネス現場での生き方について考えていきましょう。

同じ命、同じ人は宇宙に一人しか存在しない。宇宙無双日 乾坤只一人(うちゅうむそうじつ・けんこんただいちにん)」という言葉があります。これは、「宇宙に双日無く 乾坤只一人(ひとり)」で、「宇宙に太陽は二つと無い。乾坤(天と地の間)には、自分という人間は一人しかいない」という禅語です。意訳すると、「宇宙に太陽は一つしかありません。その太陽は満遍なく私たちを照らし、生きるもの全てを育(はぐく)んでくれています。天と地の間に、同じ命、同じ人は、この宇宙に一人しかいません。人間として生まれた事に価値があり、その存在に感謝してください。そして自分に自信を持って、自分を大切にして生きると共に、誰かの太陽になりなさい。それが人としてあるべき姿です」という意味になるでしょう。つづきは、http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60767126

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回のテーマは「ビジネスの根本は人間として真っ直ぐに正直であること」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ