暗証番号はなぜ4桁になったのか

日本の暗証番号は4桁、他国はどうなっているのでしょうか。イタリアは5桁で、中国や香港・台湾・インドネシア・タイ・韓国・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナムなどでは暗証番号は6桁のようです。4桁が世界標準ということではないようです。ではなぜ日本の暗証番号が4桁なのでしょうか。

これには諸説あります。暗証番号の始まりは銀行のキャッシュカードです。現金自動支払機の発祥(1967年)はイギリスですが、そのときの暗証番号が4桁の数字でした。やや遅れて、日本の銀行で1969(昭和44)年に導入されたとき、安全性と実用性の妥協点がたまたま4桁だったとか、当時の古いコンピュータシステムの制限だったとか、色んな理由がありそうです。

なぜ数字(番号)かということに関しては、フルキーボードをつけるにはコストがかかるのでテンキーだけにしたというのが発端のようです。 これ以後、ほかのシステムの暗証番号も右に倣えで、4桁に統一されていったというのが経緯のようです。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ