「グルコサミン」と「コンドロイチン」

よく耳にする「グルコサミン」と「コンドロイチン」。加齢とともに関節の軟骨がすり減って、ひざ、ひじ、肩、腰などに痛みが発症しやすくなります。グルコサミンとコンドロイチンが軟骨を作る材料となり、すり減った軟骨を保持してくれています。軟骨は骨と骨のクッションの役目をしています。軟骨が磨り減ると間接に負担がかかります。軟骨が磨り減って骨同士がぶつかり間接がぎくしゃくし、痛みが出る事があります。                    

「グルコサミン」は、グルコース(身体がエネルギー源とする糖分)とグルタミン(アミノ酸の一種)からできています。体内ではブドウ糖から生成され、身体の柔軟さを保つための潤滑オイルとも言える成分です。これが不足すると節々をはじめ身体のあちこちがギクシャクした状態になります。

「コンドロイチン」は、組織の弾力性や保水性を保つ重要な成分で、軟骨を破壊してしまう酵素の抑制作用があります。

美容と健康サロンマキ 健康ワンポイント

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ