檀家とは、信徒とは

宗派や地域文化などによって、その意味合いや呼び方は様々です。

お寺を構成しているのは、お寺の従業者(関係者)とその家族、そしてなによりお寺を支える檀家であり檀徒及び信徒です。檀家とは、その寺にお墓を持っている家のことをいいます。お寺に帰属し、施しをする契約を結んだ家のことです。つまり、特定の寺が葬祭供養を執り行う代わりに、財施(ざいせ:お金や物品の施し)によりお寺を扶助する家を指します。

檀徒とは、檀家の人々のことを言い、継続的にその寺院で仏事を営む人です。

信徒とは、そのお寺にお墓はないけれども、信条、教え、考え方などに共感(信奉)する人のことを言うことが多いようです。呼び方も、「信徒、信者、教徒、宗徒、門徒」などと様々です。

檀信徒という表現をする事がありますが、これは檀家、檀徒及び信徒をまとめた言い方です。

近年では、霊園を利用される方(家)が増えていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 
   
 

 

どこの寺院の檀家にもなっていない家(人)が多いのも現実です。

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ