« ビジネス電話マナー:電話を受けた場合 | トップページ | 説話:袖すりあうも他生の縁 »

2015年11月29日 (日)

ビジネス電話マナー:電話を受けた場合

会社に、外出中の担当者宛の連絡が入った場合、電話相手から依頼があっても担当者の携帯電話の番号は教えないことです。

急ぎであれば相手の連絡先を聞き、“担当者から連絡させていただきます”の旨を伝えて、いったん電話を切ります。その上で、本人に緊急連絡を取って、連絡するよう伝えます。この対応は決して失礼に当たりません。

これは、いくら先方の緊急依頼であっても守るべき基本事項です。

仮に、会社貸与の携帯電話であっても本人の承諾なしには伝えるべきではありません。仕事先の番号を教えることも禁止です。

eお坊さんねっと近代説話より

« ビジネス電話マナー:電話を受けた場合 | トップページ | 説話:袖すりあうも他生の縁 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス電話マナー:電話を受けた場合:

« ビジネス電話マナー:電話を受けた場合 | トップページ | 説話:袖すりあうも他生の縁 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ