「おもてなし」は“特別ではない日常の心”をどのように表すかがポイント

「おもてなし」は、ご存知の通り、2020年の東京オリンピック招致のスピーチで使われたことで有名になりました。

このとき登壇した滝川クリステルさんは、おもてなしの意味を「相手を慈しみ、心を配る日本の精神的文化」と紹介し、「その精神は先祖代々受け継がれ、現代日本の先端技術に及んでいる」と紹介しました。

 つまりおもてなしは特別ではない日常の心です。

私たち(個人や企業など)のおもてなしの対象は誰なのか。行うべきおもてなしとは何か。足もとをよく見て、その延長にある明日(未来)を見据えて浸透させていきたいものです。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60908422

この記事へのトラックバック一覧です: 「おもてなし」は“特別ではない日常の心”をどのように表すかがポイント:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ