「さりげなく、ありのまま」がおもてなしの原点

おもてなしには、相手がその場で感じることができるおもてなしと、すぐには感じない(気付かない)が、いずれ、感じていただけるであろう、あす(将来)へ向けてへのおもてなしがあります。

見返りは求めない、後々になっても気付いて頂けるかどうかもわからない「こと」、それがおもてなしの原点です。

お金をたくさんかけたからといって「良いおもてなし」になるとは限りません。

さりげなく、分相応(ありのまま)であることが心地よく受け入れられます。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ