「おもてなし」は仏教語ですか?

お・も・て・な・し+合掌 の仕草が人気を集めて以降、おもてなしは仏教語なのかと聞かれることがあります。

そもそも合掌は、仏教の礼拝の仕草の一つで、右手が仏で左手は自分を表し、両手を合わせることで仏と自分を一体化させる、という意味があります(感謝の仕草として使われることもあります)。

おもてなしという言葉は仏教語ではありませんが、仏教には、おもてなしに通じる「周りの人々を幸せな気持ち(心)にさせる「思いやりの心」としての「無財の七施(むざいのしちせ)」という教えがあります。対価を求めない「布施(ふせ)」です。

「寄付や布施やらとすぐ手を出しにくる(お金を要求する)坊主の世界に、対価を求めない布施という意識が今時あるの?」「坊主丸儲けなのでは?」などと聞こえてきそうなので、ほんの少しの言い訳です。

僧侶個人の所得に税制優遇はありません。給料から源泉徴収されるか、または確定申告を行う必要があります。

ただし、お布施という名のもとに高額なお金を要求する「ブラック寺院」がないとはいえませんが……

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60924996

この記事へのトラックバック一覧です: 「おもてなし」は仏教語ですか?:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ