おもてなしに通じる「無財の七施」

仏教の教えには「無財の七施」というおもてなしに通じる、金品には代え難い布施で、次の七つの教えがあります。

1.眼施(げんせ):優しい眼差(まなざ)しで相手を見ることです。温かい心は、眼を通して相手に伝わります。

2.和顔悦色施(わげんえつじきせ):和やかで穏やかな顔で接することです。笑顔は相手との距離を近づけます。

3.言辞施(ごんじせ):思いやりのある態度と共に優しい言葉(ひとの心を大きく揺さぶります)をかけることです。

4.身施(しんせ):評論やただ見ているだけでなく、自分の身体を使って奉仕することです。

5.心施(しんせ):人の心は感じることから繋がります。人に心をくばり、共に喜び悲しむことが出来る心です。

6.床座施(しょうざせ):席や場所を譲ることです。労わる、優しい気持ちから手を差し伸べる具体的な行為です。

7.房舎施(ぼうしゃせ):風や雨露をしのぐ場所を提供したり、傘を差しかけたりする思いやりの行為です。

相手が期待していなかったことや意識して(気づいて)いなかった事柄に対して、さりげなく対応をされた場合の感激は一入(ひとしお)で、時には勇気、やる気などにも繋がることがあり、人の心を豊かにすることにもなります。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/60930532

この記事へのトラックバック一覧です: おもてなしに通じる「無財の七施」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ