説話:ブッダの育児論(子にとって親は最初の先生)

『親に対してお釈迦さまが使っているこんな言葉があります。Pubbâchariya 読み方はプッバーチャリア。Pubba âchariya2つの言葉(パーリ語です。

Pubbaというのは「最初、はじめ」という意味。Âchariyaというのは「教師、先生」という意味。教師、先生とは親の事です。

従って、自分に子供が生まれたら、親が、まず自覚する事は、これから自分は先生、教師になるということです。

子にとって親は最初の先生で教えることは、その子が死ぬまで役に立ちます。

学校の先生は最初の先生ではありません。ある専門だけ教える教師と捉えるべきで、それは一生役に立つということではありません。例えば、学校で学んだ事を、歳をとって忘れたからといっても危険はないのです。しかし親が教える勉強(人としての教育)を忘れたら危険が伴う事が多くあります。このように親の教えには大きな責任があるのです。』

Reference:「アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ出身の僧侶)講義資料(ブッダの育児論)より抜粋し編集」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ