説話:ブッダの育児論(親の責任)

生まれたばかりの子供に対して親は、子供が助けを求めていなくても手を差し伸べます。

これがいつまでも続くと、親離れできない子が育ち、子離れできない親になっていきます。

社会に出た場合、「誰かに助けてほしければ」、「応援してほしければ」、まず自己努力ありきです。

いつまでも、子供の頃のように手を差し伸べてくれる保護者は居ないのです。

子に自立心を教えるのは、親の仕事であり、親の責任です。

Reference:「アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ出身の僧侶)講義資料(ブッダの育児論)より抜粋し編集」

eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ