「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第14回)は、禅語にある「竹」をテーマに、しなやかさや企業のあり方を考えてみましょう。

禅語に「竹有上下節」(たけにじょうげのふしあり)という句があります。これは対句になっていて、「松無古今色(松に古今の色なし)竹有上下節」(竹に上下の節あり)」となります。

直訳では、「松は季節によって色(緑)を変えたりせず、いつも同じである。竹には、上下の節がはっきり存在し、上下の区別がある」という、何気ない自然の状態について、松と竹を対比して詠んでいます。つづきは、 http://itnp.net/special/48/recent/

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61141182

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京IT新聞」“IT坊主の無駄方便”、今回(第14回)は、禅語にある「竹」をテーマに、しなやかさや企業のあり方を考えてみましょう。:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ