「盲亀浮木の譬(もうきふぼくのたとえ)」

お釈迦さまの説法のひとつですが、 あるとき、お釈迦さまが弟子たちに、「人間に生まれたことをどのように思っているか?」と尋ねたところ、弟子たちは、「大変喜んでおります」と答えたのです。

するとお釈迦さまが、「そうか、どれくらい喜んでいるのか?」 と聞き返しましたが誰一人答えることができません。しばらく間を置いた後、お釈迦さまが、「大海の深いところに目の見えない亀が住んでいる。この亀は百年に一度だけ海上に顔を出す。海上には一本の丸太が浮いていて、それに一つの穴が開いている。亀が海上に顔を出した拍子に、その丸太の穴に頭を入れることが出来るかどうか」と再び尋ねました。

弟子の一人が「そんなことは、とても考えられません。絶対にないと言い切れませんが、何千年、何億年、何兆年……のうちに、ひょっとしたら頭を入れることがあるかもしれません。しかし、 無いと言っても良いくらい難しいことです」と答えたのです。するとお釈迦さまは、「私たちが人間に生まれることは、その亀が丸太の穴に首を入れることが出来るよりも 難しく 、有難(ありがたい)いことなんだよ」と言って、命の尊さを教えたのです。この説話のことを、『盲亀浮木の譬(もうきふぼくのたとえ)』と言います。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61156056

この記事へのトラックバック一覧です: 「盲亀浮木の譬(もうきふぼくのたとえ)」:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ