フェイス・トゥ・フェイスで感謝の気持ちを伝えよう

感謝を表現する方法は、いろいろ考えられます。態度で表現する、お土産を渡す、ビジネスでは接待もあります。相手によっては、手紙や電話、メールなどという方法も考えられます。

いずれにしても、相手に伝わることが重要です。オーソドックスですが、手堅くフェイス・トゥ・フェイスで感謝の気持ちを伝えるのが確実。「有難うございます。お世話になりました。御礼申し上げます……」などときちんと伝えます。

気心の知れた間柄では自然体で、「ありがとう。感謝です。サンキュー……」などもありでしょう。

ただし、いくら親しい関係だからと言って、なあなあで済ますことにはしないことです。御礼や感謝はけじめであり、マナーのひとつです。特にビジネス上での対応は、お互いの関係と立場をわきまえて行なうことが大切です。

普段からの付き合いもあって、お互いに信頼関係が出来ている場合には、それなりのけじめある対応であればいいかもしれませんが、そうでない場合には、上司や先輩とよく相談することです。

独断で行なって、せっかく感謝の意を表したつもりが機嫌を損なわせた、ということが往々にしてありますので注意しなければなりません。感謝や御礼の対応も業務の一環です。

参考:『東京IT新聞 「IT坊主の無駄方便」』

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525546/61160872

この記事へのトラックバック一覧です: フェイス・トゥ・フェイスで感謝の気持ちを伝えよう:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ